Home > Firebase Meetup #10に参戦しました!

Firebase Meetup #10に参戦しました!

Firebase Meetup #10に参戦しました!

Tue Feb 12 2019

まず初めに、、

予定された方の登壇を聞けず、残念でした。

運営って大変だなぁ、v-kansai プロモータとしてしみじみと感じてしまいました。😅

🎉 Firestore GA 🎉

時期的にはやっぱりこれ!

事前にブログ等で公表されておりほぼ変わらず、といった感じですね。

  1. FirestoreがGCPの正式なSLAに含まれた
  2. 監視の仕組みとして、GCPのStackdriverと合わせて使えるようになった
  3. 新しい低価格帯が発表された
  4. 新しいロケーション(asia-northeast1)が発表された

Firebaseでつくるグループチェックリスト管理サービス

checka!で実際にFirestoreを採用した話、

設計周りで気をつけたことが特に参考になった。

即座に反映されるわけでは無いが、Function経由でデータを追加しているとのこと。

  • create権限は与えない。
    1. exist/rulesで上手くcreate権限を管理
    2. 重要な処理はFunctionで実現

rule/functionを交えたサンプルは firebase-ec-demoを参考にすると良いとのこと、すぐに試したいと思います。

Firestore導入前に検討した5つのこと

チェックリストのような感覚で聞けた話で、

こちらも設計周りで参考、ルールは読み込み用と書き込み用のコレクションを分けることも検討すべき。

CQRS (コマンド、クエリの責務を分離する)のも案の一つ。

無限スクロールの話

ざっと、フロントでデータを保持する構成。

Reactive Programmingを導入しているのは強い!

  • pring
  • rxfire
  • rxjs
  • vue + vuex
  • typescript

手が空いている時にでも リポジトリを見てみよう。

コメントを残す

※ 返信が必要な方はメールアドレスも入力してください