Home > 東京で初めて喋る機会をいただきました!

東京で初めて喋る機会をいただきました!

東京で初めて喋る機会をいただきました!

Mon Feb 04 2019

登壇、総括を軽く。

先日、当ブログで公表させていただきましたが、

2019/02/01よりSCOUTER Inc.でお仕事を進めることになりました。

今回のMeetupmもたまたま、でした😅

5分LTでしたが想定以上に喋り過ぎてしまい、当初考えていた他のネタをすれば良かったなぁ、と。

ちなみに、LaravelでGoogle Oauth2認証を使った話です。

(何処かで喋る機会あればその際はよろしくお願いいたします)

コンシューマ向けVue SPAでプロダクトを開発して得た知見

前置きとして今回は「にゃんこ大戦争」、では無い別の新規ゲームの話です。

公式サイトのみPC/SP両対応。

基本的にSPのみ、複雑なmixinsを採用している訳ではありません。

API 40-50程度、Vue Component 50-60程度の規模感。(管理画面はもっと倍以上使っていました)

詳しくは、スライドをご覧ください

フォームレイアウトにbootstrap/bootstrap-sass、細々としたスタイル調整は直にCSSを書いています。

# Common
app.scss
_variables.scss

# Original Components
scoped css

最低限のBabel対応は今となって当然のこと、

.babelrcを追加して実現 - 今までの蔵出しネタを先日更新しました 半レガシープロジェクトにBabelを導入

採用のパッケージはこちら、参考になれば幸いです。

"devDependencies": {
    "axios": "^0.15.3",
    "bootstrap": "^3.3.7",
    "bootstrap-sass": "^3.3.7",
    "cross-env": "^3.2.3",
    "es6-promise": "^4.1.1",
    "laravel-mix": "^1.0.4",
    "laravel-vue-pagination": "^1.0.3",
    "moment": "^2.18.1",
    "moment-timezone": "^0.4.1",
    "vue": "^2.1.10",
    "vue-router": "^2.4.0"
}

その他LTセッション

初めてのLaravelで学習を始めるまでのお話

Laravelを始める上で必須の環境構築、奥の深い設計周り。

初心者(慣れていてもする機会が少ないので実質みんな)ならでは、の詰まった点を発表されました。

Popular Vue.js UI Frameworks in 2019

プラムザさんの発表。 (ちなみに「ララ・ベル子さん」初耳でした)

UIフレームワークをGithubスター数で比較してみた、という話でした。

実運用におけるLaravelとNuxtでのRepositoryのレイヤ分割の話

クリーンアーキテクチャ、ADRなど、実際によく見る構図ですが、

実際にどう使っているの.. ?という観点で見た発表した。

  1. DBなどデータソースに変更があった場合、ドメインのレイヤのみ変更する
  2. フロントとのつなぎ込みの変更があった場合、ServiceProviderのレイヤのみ変更する

Testing on Laravel

個人的にテストをがっつり書いてこなかった人でしたが、

Model Factory + Fakerの辺りは凄く気になりました!(そろそろ本気を出して書きたいと思います)

コメントを残す