Home > Nuxt Meetup #7に参戦しました!

Nuxt Meetup #7に参戦しました!

Nuxt Meetup #7に参戦しました!

Tue Feb 19 2019

総括を!

初めまして、2/1 京都のゲーム会社ポノス・にゃんこスタジオより転戦したWeb猫こと、@jiyuujinです。今回のミートアップは、株式会社ピースオブケイクさんで開催されました。移転したばかりの素敵なオフィス、素晴らしい環境でございました。改めて場所提供のほどありがとうございます。

piece-of-cake-1

スポンサーLTでは、CTO @konpyuさんによる登壇。メディアプラットフォームNoteのAngularからNuxtへのリプレースについて取り上げられました。去年のVue Fes Japan 2018でも、福井烈さんの発表「note のフロントエンドを Nuxt.js で再構築した話本番運用は既に始まっている。」があったように非常に大きな話題となっています。

Web猫ブログで問い合わせにFirestoreを採用した話

自ら登壇させていただきました。去年秋より関西エリアを中心に登壇、メキメキと露出を増やしています。今回ミートアップ開催1時間前になって初めて、資料を作るという手際の悪さは反省の一つでしたが、NuxtとFirestoreを使ったスタートアップの事例、あえてVuexを採用せずに作ったことなど、参考になれば幸いです。

  • Nuxt
    1. Vuexストアはブログコンテンツのみ、以外はローカル(Vue Component)内で完結
    2. Adsense周りはv-kansai #2で発表した「Contentful製ブログでGoogle Adsenseが使えるようになるまで」で詳しく
  • Firestore
    1. ミニマムなテーブル設計
    2. セキュリティルールは、フロント(Blog/Admin)それぞれに応じRead/Writeで分ける

その他LTセッションを詳しく

レガシーブラウザと向き合うNuxt.js

面白法人カヤックのフロントエンドエンジニア、@kengotoiroさんの登壇、Lobi Web版のAngularからNuxtへリプレースをした話でした。開発中辛かったこととして、Nuxtが1系→2系の移行期にありドキュメント少なくハマったとのこと。機能拡張する場合レガシーブラウザで動くように変換するため、Polyfill.ioを使うと、nuxt.config.jsのheadに記載してあげるだけで簡単に対応できるといったTipの紹介もありました。

Nuxtを中心とした開発エコシステムと、個人開発のススメ

受託開発をメインに行っているフロントエンドエンジニア、七洋株式会社の金井淳さんの登壇。キッチン周りの解決を行うサービスsmall dish (Beta Version)の開発で、Nuxtを採用。ContentfulでModel、Fieldsを永続化データで実装。Vuexストアで献立やアイディア、いいねなど管理して、スピーディに開発している話でした。

Catch up Nuxt.js 2018.02

最近異常に活発なNuxt.jsの活動方針について、@andoshin11さんの発表でした。nuxt-edgeを使うと、毎日ビルドされアップデートされるので、日々使ってみるのも楽しくなりますね。その他主に気になった点として、以下挙げられると思います。

  1. Universal Fetch対応、ビルトインにnode-fetch、fetch polyfill
  2. nuxt.config.jsにPromiseが入った。
  3. .nuxtignoreファイルがサポートされた。
  4. Unitテストで気軽に動作確認できるようになった。
  5. NuxtでTSサポート本格化。nuxt-tsが使えるようになった。

私自身TSサポートしか知らずでしたが、色々新しい発見があり非常に興味深い話でした。

Re:ゼロから始めるNuxt生活

株式会社nana musicでサーバサイド中心に開発を行っている角谷さんの発表でした。音楽アプリのリプレースについての話、SEOに貧弱であったことや、Python2という今では考えられない古いバージョンを解決するため、今回Django + Nuxtを採用。Vuexは便利な反面、メンテされていないtypescript-templateを使わないと言った話でした。

NuxtとTailwind.css

急遽一人LTのキャンセルが出て、10分で作ってくれました。弊社石岡の発表、Fabric Tokyoのリプレースした話でした。UIフレームワークにこだわった時の変更や、クラス名を考える時の辛さを払拭するため、Tailwind.cssを採用。私も機会あればこの「天才的な」CSSフレームワークを使ってみようと思います。

最後に、

SCOUTERではエンジニア、デザイナーともに募集しております! 新規事業、絶賛グロース中の事業ともにLaravel, Vue.jsで開発しておりますので、 興味のある方はお声がけください!

コメントを残す

※ 返信が必要な方はメールアドレスも入力してください