Home > 【技術メモ】 tslintから @typescript-eslint/eslint-pluginに変更する

【技術メモ】 tslintから @typescript-eslint/eslint-pluginに変更する

【技術メモ】 tslintから @typescript-eslint/eslint-pluginに変更する

Fri Mar 15 2019

実質公式のアナウンスメント

先日 ESLintチームが ESLintの TS対応に本腰を入れるという宣言がなされました。時代は今後、 ESLintに傾く可能性が高く、 tslintから @typescript-eslint/eslint-pluginを使うよう変更する。

https://eslint.org/blog/2019/01/future-typescript-eslint

yarn add @typescript-eslint/eslint-plugin eslint eslint-loader eslint-plugin-vue -D
yarn add @types/webpack

.eslintrc.jsも適宜変更、 eslint:recommended で ESLint Configを設定する。さらに Pluginには @typescript-eslint を追加し最低限 TypeScriptを使用する準備が整う。

module.exports = {
  root: true,
  env: {
    browser: true,
    node: true
  },
  parserOptions: {
    parser: 'babel-eslint'
  },
  extends: [
    'eslint:recommended'
  ],
  // required to lint *.vue files
  plugins: [
    'vue',
    '@typescript-eslint'
  ],
  // add your custom rules here
  rules: {
    'no-console': process.env.NODE_ENV === 'production' ? 'error' : 'off',
    'no-debugger': process.env.NODE_ENV === 'production' ? 'error' : 'off',
    '@typescript-eslint/adjacent-overload-signatures': 'error',
    'no-undef': 'error',
    'typeof': false,
    'strictFunctionTypes': false
  }
}

これから使ってみて、という感じでした!

基本的な設定で、無事に動作することを確認しました。一人ひとりのエンジニアが必要に応じて手動で追加する要領で問題無さそうです。今後、 ESLintチームとしてサポートを拡大するとのことなのでそれに期待しましょう。

コメントを残す